2009年07月09日

結婚のマナー 祝儀袋を包むふくさの包み方。

結婚式のマナーひらめき

祝儀袋を用意したら、次はふくさです。
お金をそのまま渡すのって失礼ですから。

といっても、受付で渡す時にはもうふくさを取るわけですがね〜。



こういう儀礼ってほんまにめんどくさいって思いますよね。
でも、だからこそ結婚式のマナーをきちんとできる人って尊敬されますよね。

社会人としてできるのは大事ですね。


ふくさ。
もしくは、松竹梅などのめでたい柄のふろしきでの代用も可能ですグッド(上向き矢印)


それも無理な時は、綺麗なハンカチで(笑)

さて、ご祝儀袋の包み方ですが。
一応書きますが。

伝わりますかね。

@ふくさを菱形になるように置きます。

A中央よりちょっと左に祝儀袋を乗せます。

B次に左の角ををご祝儀袋の上にくるように折ります。

Cそのあと、上の角を次は下の角をご祝儀袋の上に持ってきます。

D最後に右側を折って終わりです。

渡す時は、受付でふくさを開いて祝儀袋の正面を相手に向けて渡してください。


まず肝心なのは、ふくさを用意することです。
折り方に自信がなければさっとひらきましょう(笑)
posted by さえきだいすけ at 11:29| Comment(0) | 結婚式のマナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

結婚式でやっかいなご祝儀とお金の話。

まずは、結婚式のご祝儀の目安

ご祝儀の額の妥当なラインは以下の通りです。

友人なら。
20代で、3万円。30代も3万円。

会社の同僚。
20代なら2万円。30代なら3万円。

会社の上司。
20代なら2万円。30代なら3万円。

いとこ。
20代なら3万円。30代なら3万円。

兄弟姉妹。
20代なら5万円。30代なら10万円。

でも、時代は変わりました。
ご祝儀などは不要とする結婚式も増えています。

ご祝儀を払わないために、結婚式をキャンセルする人も少なくないからです。

たくさんの人に結婚式を祝ってほしいなら、ご祝儀なしにするのも一つの手ですね。


ご祝儀はどうすればいいのか。

まず、のしと一度結んだらほどけないっていう意味の「結び切り」の飾りひも(水引)がついている祝儀袋が必要です。

何度でも結びなおせるという意味の蝶結びは結婚式ではタブーです!!

最後に。
ご祝儀に新札は必須です。


ただ、金額は自分の出せる範囲で臨機応変にやるのがいいと思うので。

結婚式が込み合って出せない時は。
1万円包んで。

後で結婚祝いを贈るなど。

結婚を祝う自分なりの気持ちを持っていましょう!!

posted by さえきだいすけ at 21:24| Comment(0) | 結婚式のマナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

結婚式のマナー 基本の紹介状の返事の仕方

結婚式のマナー@


僕も何度か結婚式に呼ばれまして、失敗したりいろいろしたので。
そのことを少し書いておこうと思います。


結婚式の基本の基本。

結婚式の招待状スペード

これにだって、マナーがあるんですexclamation×2



結婚式の招待状は基本的にほとんど印刷されてますよね。


出席か欠席のところに○するだけですが。


これでもいろいろしないといけないんです。


まず、返信するときの表書き。


結婚される方のところに届くと思いますが。

山田太郎 行


とかになってますが。

この「行」を二重線で消して「様」に変えましょう。

また。

御出席

御欠席

となってますが。
「御」は消しましょう。どちらも。

そして、出席の場合。
おめでとうございます。喜んで出席させていただきます。などの言葉を添えましょう。プリントされている「出席」の言葉につながるように文章にするとよりよい結婚式の紹介状となるでしょう。


欠席の場合は。
ご結婚おめでとうございます。とはじめて、残念ですが都合により欠席させていただきます。
と欠席の理由をあいまいにしてことわりましょう。

そのあと。

おふたりの挙式が素晴らしいものになりますようにお祈りしております。

などと締めましょう。


結婚式の紹介状一つでこんなマナーがあるんですひらめき


ちょっと覚えておくといいと思います。



posted by さえきだいすけ at 01:33| Comment(0) | 結婚式のマナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。