2009年07月08日

フォトリーディングのブリップページを見る方法。

フォトリーディングの方法。
その2.

前回のフォトリーディングの記事の続きです。


フォトリーディングはアメリカで生まれた速読術。

フォトリーディンをするためには。
意識で文字を見ることを避ける必要があります。

そのためにブリップページと呼ばれるものを見ることが大事。

見れなくてもできるそうです。


ちょっとした遊びだと思えばいいそうです。


方法は簡単。


頭の上に意識を集中してください。

本を見ている視界が広がる。

それを感じてください。


本を見るんじゃなくて。

本を中心に周りを見る感覚でいてください。


そうしたら。

姿勢を正して。

本の上を見てください。

視界が少しぼんやりすると思います。

すると本の境目が山のようにともすると。
横になった棒の上半分が見えると思います。

それがブリップページ。

フォトリーディングの特徴です。


ブリップページをみながら。
リズムよくページをめくっていく。


これがフォトリーディングの基本です。

遊び感覚でやってみてくださいね。


フォトリーディングはあなたの可能性を広げます。
posted by さえきだいすけ at 21:44| Comment(0) | 速読術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フォトリーディングをするにはどうすればいいか。

ビジネス書の著者として有名な勝間和代さんや神田昌典さんが実践する速読術。

それがフォトリーディングです。

フォトリーディングとは実際どうするのか。

まずは、右脳を使って本を読むということを理解してください。

しかも、1ページ1秒の速さになることもわかってください。


そんなスピードで読書ができるのか。


そんな疑問が心に浮かんだら。
いったん心の隅においてください。


フォトリーディングとは自分の力を信じる必要があります。


1秒1ページ読めるとう自信。

それを持つことがフォトリーディングの始まりです。

これまでの。

最初から最後まで一字一句理解しながら読んでいく読書を忘れてください。


まず速読するにはこれまでの読書の常識を忘れることが肝要ですひらめき

たとえば。


斜め読み。
それに。

飛ばし読み。

理解するスピードをあげる方法。

それぞれの読書法を知りながら。

初めから最後まで読むことが読書のすべてではないことを知ってください。

まずはここまで。

続きは次の記事で。
posted by さえきだいすけ at 21:36| Comment(0) | 速読術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

フォトリーディングを習得する方法、速読術の可能性。

経済評論家として有名な勝間和代さん。

実践マーケッターの神田昌典さん。


この2人が実践しているという速読術。


それがフォトリーディングパンチ


フォトリーディングは1秒1ページで本を読む速読術です。



そんな馬鹿な(笑)


1秒1ページなんてねえ。


フォトリーディングのシステムとしては。
左脳で理解するのではなくて。
右脳を活性化して、右脳に本の情報を直接送ろうとするものだそうです。


脳の能力というのは僕たちが考えている以上にすごいもの。


それを活用する読書術。

それがフォトリーディングと考えてください。



僕も活用しています。


フォトリーディングでさっと本を読んだ後。

その本を普通に読みます。


理解力があがる。
そんな風に感じます。


まだまだフォトリーディングを習得できているとは思えませんが。
それでも、その効果には驚かされます
exclamation×2


フォトリーディングのセミナーに今度は行こうと思います!!

posted by さえきだいすけ at 01:15| Comment(0) | 速読術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。