2009年07月22日

防災科学技術研究所 防災科研

豪雨。

土砂崩れ。


予想できないなぁ。

今の日本の気象雨

だからか。

防災科学技術研究所(略称:防災科研)というのがあるそうですexclamation×2


この防災科学技術研究所は、災害から人命を守り、災害の教訓を活かして。
発展を続ける災害に強い社会の実現を目指し、地震、火山、気象、土砂および雪氷災害による被害の軽減に関する研究開発を行っているそうです。


地球規模で変わりつつある環境問題exclamation×2



昔と今ではやはり違うんでしょうね。

でも、昔も戦国時代ぐらいに氷河期があったりしてふらふら


昔も全然今とは違う気象。


やっぱり地球規模のことを一人一人が考えるって大事なんだな。


天災は防ぎようがないけど。

それにいかに対応するかは考えたり対処したりできるはず。


防災科学技術研究所の活動にこれから期待です☆
posted by さえきだいすけ at 21:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。