2009年02月03日

ポトスライムの舟(津村記久子) 芥川賞受賞作ついに発売!!

芥川賞受賞作品「ポトスライムの舟」ついに発売です!!



群像という雑誌で発表された作品ですので、芥川賞を受賞されたときは、まだ書籍化はされていませんでしたふらふら


ちなみに、雑誌の群像と芥川賞はかなり強い関係にありますexclamation×2


契約社員が主人公の話。


主人公は契約社員で、自分の一年の給料と世界一周旅行の値段が同じことに気が付きます。


まさに、派遣労働者や日雇労働者の慟哭。


が聞こえてきそうです。



暗い世の中に暗い小説。


派遣社員や日雇い労働者、派遣労働法の悪行。

暗い話題に暗い小説の理由は、暗いというのかマイナスに向かうパワーって実はすごいんですよね。


そのパワーをつかめばそっからミリオネアになる。

まあ、津村さんにそんな思いはないのかもしれませんが。



こういうはなしを真摯に受け止められる読者を育てる。

それも大事なことなのかもしれませんね。


ちょっとまとまらない日記になってしまいました。



posted by さえきだいすけ at 21:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。