2009年02月01日

面接 面接の達人 面接時の対策や準備とは

面接に確実に受かる方法やらノウハウってあるのだろうかふらふら



僕はビジネス書を主に担当していますので、就職関係の本も面倒を見ています目



中谷彰宏さんの面接の達人やダイヤモンド社の絶対内定シリーズの面接やゴマブックスの伝説の就活が定番ですひらめき


だけど。

面接対策に、こんなことを書く必要があるのか。というものもあったりします。


具体的な内容は書けませんが。

例えばですよ。
本屋に置き換えて面接の話をしようと思います。

本屋に就職しようと思って、面接に行きます。


本屋の面接で、「私どもの書店を利用されたことはありますか」と聞かれて、「立ち読みでよく寄っています」と答えてはいけません。


みたいなことが書かれてあるわけですよ。
大真面目に。


面接でそんなことを答えないなんてあたりまえだろー!!

と思うわけですが、実際、面接ノウハウ本に書かれているので、就職の面接でそんな答えをする人がいるんでしょうねもうやだ〜(悲しい顔)


すでに、一部では知られていることですが。

面接の合否は、第一印象で決まっているそうです。

面接に来た人を見て、合格かどうかをその時に決めて。

ゴーサインを出すか、考えなおすかを面接の内容で決めるパンチ



面接のルールはシンプルです


だからといって、ノウハウ本はダメだというわけではなく。

面接だけに限らず、ノウハウ本は必要です。


ただ、採用する側の心理を考えながらノウハウ本を読まなくてはいけないということだと思います。


面接かぁ。

個人的にはもう受けたくないですね(笑)

posted by さえきだいすけ at 19:33| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
Posted by 面接の特技 at 2012年02月20日 16:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。