2009年01月31日

ジェネラルルージュの凱旋 映画の評価 ナイチンゲールは?

医者は減ってるのに、医療事務志望は増えているexclamation×2


という中、ついに公開されます。


ジェネラルルージュの凱旋

海堂尊さんの作品では一番映画にして面白いという評価を受けるのではないでしょうかexclamation×2


竹内結子さんが、撮影が終わるのがさみしすぎたと記者会見で言うほど撮影現場は良かったみたい。

現場が良かった映画はいい。

と僕は思いますexclamation×2



さて、今回の舞台は病院の救命救急ですパンチ



救命救急を扱ったドラマなどは多くありますが、一味違った医療現場の実態を見ることができます手(グー)



医者としての正義と社会のモラル。

あなたならどちらを大事にするか。


ジェネラルルージュの凱旋のテーマかなと個人的に思っておりますどんっ(衝撃)


にしても、医療の現場はいろいろあるんですね。

医者や看護婦さん。

医療機器にいたるまで、たくさんの問題を抱えている。

それでも、人を救うために最善を尽くしている医療


尊敬です右斜め上



3月7日の公開日が楽しみです☆





posted by さえきだいすけ at 21:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。