2009年01月16日

直木賞発表 2009年1月15日 第140回直木賞は2人

第140回直木賞発表exclamation×2

しかも、受賞者は、2人です手(チョキ)

天童荒太氏の『悼む人』
山本兼一氏の『利休にたずねよ』


の2氏2作品。


天童荒太さんは『永遠の仔』で有名なので、『悼む人』はどこの書店も豊富に用意があると思いますひらめき


しかし、山本兼一氏の『利休にたずねよ』はマイナーな(失礼ですが)作品のため、在庫が1,2という店が少なくありませんもうやだ〜(悲しい顔)



いい意味で、意外な直木賞の結果でして。



刺激があっていいなと思いますexclamation×2


140回直木賞の作品も確か、オール読物に全文載るかと思いますので、もう少しお待ちくださいひらめき


山本兼一氏の『利休にたずねよ』は、今、出版社が急いで重版をかけています。

店頭にごそーっと並ぶまで時間がありますので、前回の直木賞受賞者の作品などを読んだりしてお待ちください!!

直木賞作品を読みたい!!
我慢できない!!

そんな人は最寄りの書店を漁ってみましょう(笑)





直木賞は本当に反響のある賞なので、選考委員の方も大変でしょうねexclamation×2

だからこそ、なぜその作品を推したのか。
力強く理由が言える作品を選ぶはず。

ということは。


やっぱり、直木賞に選ばれる作品は、かなり面白いのだと思いますグッド(上向き矢印)



2009年最初の直木賞は、こんな感じでしたが。
次はどうなるか、楽しみですね手(パー)



posted by さえきだいすけ at 19:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。