2009年01月10日

相棒 ハセベバクシンオー脚本 新シリーズに期待

刑事ドラマ『相棒』の脚本についに、あの人が登場した。


ハセベバクシンオーさんであるexclamation×2


鑑識官・米沢守さんの映画原作の作者でもありますexclamation×2


ハセベバクシンオーさんは、『このミステリーがすごい!!』大賞で、賞を受賞されて小説家にひらめき




そのハセベバクシンオーさんがついに相棒のドラマの脚本を書かれたそうでわーい(嬉しい顔)


テンションが上がりまくっておりますexclamation×2


刑事ドラマ相棒の脚本は一人ではなく、何人かいるそうですパンチ



だからこそ、ドラマ「相棒」は、あの高いクオリティを保てるのだと思います右斜め上

相棒に複数の脚本家がいることはあまり注目されていませんが、普通、一つのドラマに一人の脚本ですから。

相棒のやり方は、高いクオリティのドラマを作るのに効果を上げていることがわかります!!




ハセベバクシンオーさんという新しい才能を迎えて、相棒はさらにすばらしい刑事ドラマになるんでしょうねわーい(嬉しい顔)


これからの相棒が楽しみですひらめき
posted by さえきだいすけ at 22:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。