2009年01月02日

押入れのちよ 荻原浩さんの作品 映画化?ドラマ化?

荻原浩の傑作短編集『押入れのちよ』が映画化、もしくはドラマ化するexclamation×2

と、勝手に僕は予想する(笑)


荻原浩さんの小説が、映像化できなかったことには、荻原浩さんの「笑い」を映像で表現できる人がいなかったからだろうたらーっ(汗)


しかし、そろそろできるのではないか。そんな気がする。


『押入れのちよ』はジャンルとしては、ホラー小説。


なんだけど、純粋なホラーとしてはダメでしょう。

でも、ホラーだって、怖いだけじゃなくて、ホラーであり、感動するということでもいいはずだ!!


『押入れのちよ』でさらに荻原浩さんの小説家としての才能に惚れ直した。

きっと、荻原浩さんの押し入れのちよは映画化、ドラマ化されるexclamation×2

僕は信じる。
posted by さえきだいすけ at 18:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。