2008年11月23日

国債 個人向け国債がお得 高金利の外国債券にはリスクが。

株・FX・不動産投資・農業!!

今、不労所得に対する注目が集まっているexclamation×2

雑誌の特集やら、ビジネス書の新刊が物語っている。

だが、株やらFXやら不動産投資やら農業には、リスクがあるもうやだ〜(悲しい顔)


リスクを冒しても、利益を取るというのは、日本人の性分に合わないようだバッド(下向き矢印)
一過性の話題に過ぎないというのが本屋に勤めている僕の感覚だ。


で、たぶん、これから注目されるのが「個人向け国債」だと思う。

外国の債券は利子が高いが、円高の影響等で利率が安定せず、精神的にあんまりよくないみたいだバッド(下向き矢印)


個人向け国債は、利益は小さい分、円高の影響も受けない。借金大国日本だけれども、世界からの評価は上々(ちゃんと金を返してくれるという格付けでは、AAの評価。最高はAAA)


要するに、僕の理解としては。

個人向け国債というのは、多額のお金を銀行に預けるよりは利子が高く。

株・FXという金融資産に変えるよりは、儲けは少ないがリスクも少ない。

ということになると思うひらめき


当たり前だけど、資産をたくさん持ってる人がたくさんのリターンを得るし、リスクが少なくて個人向け国債のうまみを味わえるパンチ



僕のような低所得者には、あんまり魅力がないわけですがあせあせ(飛び散る汗)


それでも、個人向け国債などで、利益を上げる人が出れば。
国債の利子で得たお金を使う人が出てきて。
景気が良くなる!!


と、勝手に信じておりますexclamation×2


個人向け国債のようにリスクが少なくて、資産が増えるものがたくさん紹介されれば、確実に資産を増やす人が増え、景気が上を向いていく。

と思っているのですが。

恐慌恐慌って言うのもいいけど。


気持が明るくなる話題も探していかないとひらめき

と思っています。


まあ、個人向け国債って国の借金ですから。どやねん!!って話もありますが。最終的に景気が上向けば、税金も増えるし。国債の利子もあがるし。最終的にはオッケーひらめき

じゃないんでしょうかね〜ふらふら






posted by さえきだいすけ at 13:08| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして
ブログ覗かしてもらっています。
ヨロシクお願いします。

Posted by かふぇ at 2008年11月26日 14:17
はじめまして。

かふぇさん。

よろしくお願いいたします。
また、コメントを残していってください☆
Posted by おすすめ本屋さん at 2008年11月27日 19:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。