2008年11月12日

天国はまだ遠く 舞台は京都の北部 瀬尾まいこ

天国はまだ遠く

映画になった小説「天国はまだ遠く」の舞台は京都なんです!!

しかも、北部。

瀬尾まいこさんは教師をされていて、京都の北部にお勤めなんだとか。

京都の北部の雰囲気が「天国はまだ遠く」には出ています。

京都の北部って、いいところなんです。
いい人がいて。
いい街があって。

だけど。

何かが足りない。
そして、それが嫌なわけじゃない。

不思議な場所です台風

「天国はまだ遠く」には、京都の北部が持つ独特な雰囲気が文章中から滲み出ていますグッド(上向き矢印)

チュートリアル徳井さんと加藤ローサさんが映画でどんな風に表現されるか。
今から楽しみですひらめき
posted by さえきだいすけ at 23:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。