2009年01月02日

押入れのちよ 荻原浩さんの作品 映画化?ドラマ化?

荻原浩の傑作短編集『押入れのちよ』が映画化、もしくはドラマ化するexclamation×2

と、勝手に僕は予想する(笑)


荻原浩さんの小説が、映像化できなかったことには、荻原浩さんの「笑い」を映像で表現できる人がいなかったからだろうたらーっ(汗)


しかし、そろそろできるのではないか。そんな気がする。


『押入れのちよ』はジャンルとしては、ホラー小説。


なんだけど、純粋なホラーとしてはダメでしょう。

でも、ホラーだって、怖いだけじゃなくて、ホラーであり、感動するということでもいいはずだ!!


『押入れのちよ』でさらに荻原浩さんの小説家としての才能に惚れ直した。

きっと、荻原浩さんの押し入れのちよは映画化、ドラマ化されるexclamation×2

僕は信じる。
posted by さえきだいすけ at 18:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相棒 杉下右京の次の相棒は?? 益岡徹??

警察官じゃないとね、相棒は

杉下右京さんの新しい相棒はだれなのか!!



田畑智子さんが、スペシャルに出たので、次の相棒は田畑智子さんかなと思いましたがふらふら

どうやら、一夜限りexclamation×2
法務省の役人ですからね。


やっぱり、刑事ドラマなんだから、相棒は警察の人間じゃないとexclamation×2


というわけで、次回の警官役・益岡徹さんに注目exclamation×2

ただ、番組HPを見ると、ゲスト扱いだった。



たぶん。

たぶんですが。

今作。

相棒の相棒は、ころころ変わりますexclamation×2


一番、ウケがよかった人がレギュラーひらめき
ではないでしょうか。

ちなみに、警察官になるには、体力はもちろんのこと。
身長、視力、色覚など、身体面でも求められるものがあるそうです。

警察官の採用試験は、様々あります。調べたのですが、ありすぎて書けません。だからこそ、警察官は官僚やらエリートやら、現場の警官との溝ができやすい構造と言えるでしょう


キャリアっていうのは、国家試験のT類がど真ん中ですから、やっぱり警察官の中でも序列ができてしまうのでしょうね〜あせあせ(飛び散る汗)

これからの相棒は。


警察官の採用試験をめぐる事件なども扱ってほしいです。

そうすれば、僕らの警察への理解の助けとなりますから!!
posted by さえきだいすけ at 18:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。